2011年09月16日(金)

新しい業種へのチャレンジ!!

先週、鹿児島県阿久根市の(株)海連様に濁水処理設備を設置しました。

弊社としては、全く新しい業種へのチャレンジとなりました。
処理の様子を御紹介します。

 

(株)海連様のホームページ
http://www.kai-ren.co.jp/

フェイスブックページ
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002554973474#!/KAIREN.co

 

秋になると鹿児島県中の芋が阿久根に集まって来ます。

 

(株)海連様では、9月1日からおよそ100日間に渡って毎日100tの芋を農家から引き取って表面の泥を洗い流し、適当な大きさに切り、蒸して、大きなファンで冷ましてから冷蔵庫に保管した後、県内の大手メーカーに焼酎原料として納入されています。

 

工場の裏には巨大な水処理施設を設置されています。
芋を洗った排水は微生物の力で有機成分を取り除いてから放流されているのですが、去年までは芋について来る大量の泥がそのまま生物処理設備に流れ込むために設備に負荷がかかりすぎて苦労をされていたとのことです。

 

この設備の管理をされている、
橋口水環サービス様から、facebookを通じてご縁を頂き、この設備の前処理設備として濁水処理設備を納入することになりました。

 

橋口水環サービス様のホームページ
http://www.geocities.jp/hashiguchi_suikan/index.html

 

芋の表面についた泥の洗い水が

弊社の濁水処理装置に入って、まずはpHを調整します。
その後、泥分を凝集-沈降分離して処理します。

 

処理水の濁度は63 pHは6.4 一部は芋の洗い水として再利用されて、

残りは工場裏の水処理設備で生物処理されます。 

最終処理水

濁水処理設備の沈降汚泥は天日乾燥施設で脱水され、再利用されます。

2011/09/16 09:10 | 濁水処理設備 | コメント(0) | トラックバック(5)

この記事のトラックバックURL:

トラックバック

この記事へのトラックバック:新しい業種へのチャレンジ!!

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

RSS